トヨタ社長・終身雇用に関する発言について

こんばんは

夜勤初日は30分ほどの残業でした。

 

帰宅時に大原、小磯寮エリアの食糧基地・ローソンに寄ったのですが・・大混雑だったので朝食の購入は諦め、寮の食堂でカレーライスを。

最近はバス待ちも多く、コンビニの買い物まで並びたくない!と言った感じです(笑)

 

私はマツダへ期間工として赴任し、もう間もなく1年になりますが、入社当時もバスやコンビニの混雑にうんざりしていたので・・時期的な問題でもあるのかな?

そのうち落ち着くかと(笑)

 

昨日はトヨタ社長の『終身雇用』についての発言がニュースになっていましたね。

令和元年5月13日・トヨタ社長の会見・ANNnewsCHより

 

私の場合、終身雇用・正社員への願望は、今から16年前、バスの運転手を辞めた時から無くなりました。郵政民営化など、公務員でも先行きが不安になる時代でしたね。

その後に就職したのがトヨタ期間工。

 

昨日の会見で、トヨタ社長が言っていた『やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている』これは、なんとなく理解できるんですよね。

私のような特別なスキル、学歴の無い人間でも・・日本を代表する会社・世界的な企業で働いてみる事が出来ました。

期間工として入社するために高いハードルはありません。

今は期間工からの正社員登用も積極的に行っています。

やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている

まさにその通りだと実感してます。

 

期間工として働き、自動車を作る仕事に『やりがい』を感じられるかは人それぞれだと思いますが、私は今マツダで働き、自分が担当している車種を街で見かけると・・

『この車の、この部分は自分が携わったかも』なんて思いながら見ています(笑)

ちょっとした『やりがい』を日常でも感じますね。

 

外から見えない部分を作っていた時も、『この車が走るためには、自分が作ったアレが無ければ動かない』なんて変な自己満足があったり。

トラックの足回りを作っていた時は・・下から覗き込んだりも(笑)

私は子供の頃から乗り物が好きで、基本的に車が好きなんでしょうね。

将来の夢も『運転手』だったし。

その夢を叶えて、今は作る側にいます(笑)

 

終身雇用に関する発言は、正社員登用を目指している方には少々不安があるかもしれませんが・・

期間工から正社員登用される方達は、新卒採用された方達とは違い、期間工として実際に働き、実技を会社から認められた方々だと思います。

会社側にインセンティブがある方々だからこそ正社員登用されたのだと思います。

これから正社員登用を目指している方、された方には自信を持って頑張ってもらいたいですね。

 

終身雇用のシステムが無くなったとしても正社員・非正規での社会的地位は変わらないと思います。

正社員が上です。

でも、正社員だから定年まで安泰!とは言えない時代が迫っているのは確かですね。

トヨタの社長が公言したのですから。

その理由が『企業にインセンティブがあまりない』なので・・

会社側にインセンティブがある働き方をしていれば大丈夫だとも言えます。

正社員を目指している方には、マイナス思考にならないで欲しいと思います。

スポンサーリンク

ここ最近、雲行きの怪しい話が多いですが・・

静観している北のななしでした。

期間工・ブログランキング

マツダ期間工ブログ期間工雑記
北のななしをフォローする
スポンサーリンク
アラフィフ期間工のブログ

コメント

  1. PATO より:

    僕も北のななしさんと同じですよ。日本を代表する世界的な企業で働いてみたかったんです。夢と言ったら大袈裟ですが、期間工として夢が叶いました。トヨタの作業着の袖に腕を通したときはとても嬉しかったです。

    • 北のななし より:

      おつかれさまです

      夢が叶う事は嬉しいですよね。
      私はバスの運転手になり、制服を着た時はとても嬉しかったです。
      PATOさんがトヨタの作業着を着た時に嬉しかった気持ちも分かりますよ。

      今回のトヨタ社長の発言、個人的には経済的な問題だけが原因では無いと思うんですよね。

      平社員(低等級)のままでも年齢を重ねれば給料が上がり定年まで安泰。
      期間工以下の技量でも、期間工以上の給料が貰える。
      そんな人達への警告、会社にとってインセンティブが無い社員には終身雇用を約束出来ないよ!と言ってるようにも感じました。

      中途、派遣社員に対して『やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている』と言うのは現時点でも、期間工からの正社員登用を以前より積極的に行っている会社が増えています。
      今は中途採用で社員になったとしても、新卒採用のキャリア組以上に昇格するのが難しいという現実があります。
      でも、これからは中途採用社員、新卒社員問わず『やりがいのある仕事』『上を目指せる』とも感じました。
      終身雇用というシステムが無くなったとしても、会社から必要と思われる存在であり続ければ良いのです。

      PATOさんの次の夢、トヨタ社員になれる事を願っておりますよ。

      まったく話が変わりますが・・
      『ブログ休止します』の記事、Googleのおすすめ記事に出てきました。
      しかもトップに!
      Googleからの信頼度が凄すぎ!(笑)
      気が向いたら、またブログ書いてくださいね。
      楽しみに待っています。

  2. おそうざい より:

    おはようございます。

    組合の大きな製造業は懲戒事由にならない限り、仕事が出来ない(やらない)社員をクビにする事がなかなか難しいですからね。
    工場自体の閉鎖レベルの事がない限りは人員整理する事なく、期間工を雇止めしてのらりくらりがこれまでの自動車業界でしたから。
    管理職になっても人もモノも管理が出来ないのに給料だけ高いような社員こそ会社にとって1番の不都合かと思いますね。

    • 北のななし より:

      おはようございます

      おそうざいさんが言うように、現状は社員になれば定年まで安泰ですからね。
      今回のトヨタ社長の発言は、その辺りを指しているように私は感じました。

      今は期間工から社員登用も積極的に行っていますし・・
      社員になれば安泰だ!と気を抜かせないためにも警告しているのかも(笑)

      連休明けから暑さが増していますが・・
      おそうざいさんの職場はもっとキツそうですよね。
      体調管理に気を付けて、お互い頑張りましょう!

  3. 技師 より:

    だから、私は期間工から資格を取って、放射線技師になりました。放射線技師は、どこでも、仕事がありますから。今度は、資格を記事に書いて欲しいです。

    • 北のななし より:

      おつかれさまです

      技師さんは期間工から放射線技師になられたんですよね。
      以前のコメントでも資格についての記事をとおっしゃっていましたね。
      私が持ってる国家資格は・・
      大型二種と小型船舶ぐらいしか無いです(笑)