【3ヵ月満了】三菱自動車・岡崎工場で稼いだ総額【源泉徴収票】

私は今年(平成30年・2018年)の3月末まで三菱自動車 岡崎工場へ期間工として赴任していました。

入社は昨年(平成29年・2017年)の12月中旬。

三菱の初回契約期間は入社月の端数はカウントせず翌月1日から3ヵ月間の契約となるため実際には3ヵ月+入社月の端数を含めた期間が初回契約となり、入社翌月から3か月後の月末が満了日になります。

1日入社だとピッタリ3ヵ月間で初回契約になるかもしれません。

このシステムはマツダ日産自動車も同じですね。

これは三菱自動車を満了した後に送られてきた源泉徴収票です。

入社月の12月は出勤9日、休日出勤1日だったので3カ月半分で得た所得の源泉徴収票となります。

当時の時給は1060円。

契約期間中は、ほぼ毎日昼夜2時間15分のフル残業。

休日出勤は昼勤週の土曜日が10時間の稼働でかなりの高操業。

夜勤休出はありませんでした。

寮は長久手だったので通勤に要する時間も多く約3ヵ月半、自由な時間は日曜日しか無かったような気がします。

その他に慰労金15万円、生産協力金3万円も含まれていますが、これを3.5で割ると1カ月あたり

384092円

残業、休日出勤でかなりキツかったですが私の学歴やスキルでこれだけ稼げれば満足です。

三菱自動車の生産協力金
平成30年3月の休日出勤を含む稼働日すべてを無遅刻無欠勤した場合に支払われた特別手当。
この当時、突発欠勤や休日出勤を断る期間工が多発したために取られた特別な処置でした。
協力金の他にも休日出勤に協力した場合、工場食堂で使える食券や売店で使える金券を配布するなど、この3月は特別な月でした。

さらに三菱自動車を紹介していただいた派遣会社より入社祝い金も頂いております。

平成29年度の一時所得として50万円ですね。

これも加算すると三菱の初回契約3カ月半で稼いだ金額は

1844324円

これも3.5で割ると1か月あたり

526949円

平成の期間工バブルを物語る数字ですね。

短期で稼げるいすゞ自動車でもここまでは行きませんでした。

期間工バブルのリアルな記録として残したいと思います。

スポンサーリンク
期間工・ブログランキング

マツダ期間工ブログ 三菱
北のななしをフォローする
スポンサーリンク
アラフィフ期間工のブログ

コメント

  1. 40代期間工 より:

    お疲れ様です 三菱もいいですねぇ いろんなブロガーさんたちが三菱情報を発信していますが配属も運ですけど自分にとっては寮次第で明暗がでます トヨタ様みたいに相部屋があるみたいですね なんかプレハブみたいな寮があったりまあ無料だから我慢できるんでしょうけどね 自分は去年は建設業のボロい寮に住んでいたからメーカーさんの寮は天国とはいきませんが快適にすみこごちはいいんですけどねぇ

    • 北のななし より:

      おつかれさまです。

      いつもコメントありがとうございます。

      私がトヨタ様でお世話になった時は相部屋というかシェアハウスのような寮でしたね。

      4DKの家族用社宅の部屋を改造して各部屋にカギを付けただけで声や物音は隣室に聞こえてしまうので気を使いますし落ち着いて生活はできませんでした。

      三菱のプレハブ寮は私もビックリでしたが実際住んでいる方に聞いた話だと工場から近く通勤が楽だし期間工として生活する上では耐えられる範囲のようです。

      期間工で寮次第と言うのは私も同感です。

      各メーカーで長くても1年満了、地元へ帰り求職活動をしているのですが過去1度だけ2年満了した事があります。

      日産自動車へ赴任、寮が横浜市内のマンションに当たった時でした。

      工程ガチャ、寮ガチャで大当たりだったので長居してしまいましたね。

      マツダの寮は防音性も高いですし部屋の広さもあり私もまぁまぁ満足です。

      住居光熱費が掛からない環境なのでお金を貯めながら広島の街を楽しもうと思っています。